子宮筋腫

マカの排尿作用でむくみを解消

マカに含まれるグルタミン酸やカリウムには、利尿作用があります。
また、血管を拡張する働きがあり血流を良くすることから老廃物が排出されやすいともいわれています。
特に女性に多いむくみの原因から、マカがなぜ有効なのか解説します。

マカの成分であるカリウム、カルシウム、鉄、グルタミン酸などが、直接的・間接的にむくみを改善します。

むくみとは、体内の水分が手足、顔などの皮膚下に滞留した状態のことです。
その原因の一つがカリウムやカルシウム、鉄分の不足です。
食生活の乱れやナトリウムの過剰摂取によって、現代人はカリウム不足になっています。
カリウムはナトリウムと一定のバランスを保っており、不足するとナトリウムによって体内に水分が溜まってしまいます。
また、食品や添加物に含まれるリン酸塩はカルシウムと結合し、排出されてしまいます。
カルシウムにはストレスを緩和する作用があり、不足するとストレスによって交感神経が優位になり、血管を収縮させます。
そのためリンパの流れが阻害されることも、むくみの原因となります。
さらに、女性は月経による出血のため、鉄分が常に不足しています。
鉄分には酸素を行き渡らせる働きがあり、不足すると新陳代謝が悪くなり冷え性やむくみが引き起こされます。
これらの成分がマカに含まれているため、むくみ解消のサポートをしてくれるのです。

また、マカには非必須アミノ酸のグルタミン酸が含まれています。
グルタミン酸には、タンパク質が分解されてできるアンモニアを解毒し、利尿を促進することによって排泄する働きがあります。
アンモニアは腸内環境を悪化させる物質で、肝機能が低下するとアルブミンという血中水分量を調節する成分が減少し、むくみの原因となります。
グルタミン酸の利尿作用によってアンモニアが排泄されると、腸内環境が改善されアルブミンの量も正常になるため、むくみが改善されるのです。

さらに、アルギニンやビタミンEには血管を拡張し、血流を良くする働きがあります。
すると腎臓の働きが活発化し、より多くの尿を作り出そうとするため、むくみに効果があると考えられています。

マカの豊富な栄養素が、自然な排尿を促してくれます。
むくみを取って、すっきりした毎日を送りましょう。
また、マカにはデメリットもあるので、それについてもしっかり知っておきましょう。