子宮筋腫

マカを食べると、EDが治るのか

男性にとって何より深刻な問題の一つがEDです。
特に最近は20代でも勃起力が弱くなったり、魅力的な女性を見てもその気になれないと悩んでいる人が増えています。
妻に子供が欲しいと言われ、男として、夫としての自信を失ってしまう人も。
マカはEDに悩む人の助けとなってくれるのでしょうか。

マカは「天然のバイアグラ」と呼ばれていますが、バイアグラは海綿体に血液を流すことで一時的に勃起させる医薬品です。
しかし、EDの原因は男性ホルモンが減ったせいなのです。
一時的に無理矢理勃起させるだけのバイアグラに男性ホルモンを増やす働きはないので、その都度飲まなくてはいけません。

マカは、ホルモンの量を調節したり、血管を広げて血流を改善するといわれています。
男性ホルモンは思春期から30歳前あたりまではどんどん分泌されるのですが、その後少しずつ減っていきます。
骨や筋肉を強く太くし、性欲やその機能を保ち、内面の男らしさも男性ホルモンが支えています。
ですから、年とともに性欲がなくなってくるのは当たり前のことなのです。

とはいえ、60歳過ぎてパパになったという人もいれば、20代前半でもう中折れしてしまう人もいます。
男性ホルモンの量が多ければ、年を取っても立派に勃起するのです。
マカにはアルカロイドや亜鉛、アスパラギン、ビタミンE、グルコシノレートなど、男性ホルモンを増やす栄養素が含まれています。
また、アルギニンが成長ホルモンを増やすので、いつまでも若々しくいられます。

さらに、アルギニンは血管を広げて血流を良くする栄養素でもあります。
全身の血管が広がれば、刺激を受けた時には自然と海綿体に血液が集まります。
バイアグラは一気に血流を上げるため、心臓や血管に問題がある人は使えませんが、マカは毎日食べることで徐々に血管の状態を良くしてくれるので、副作用もありません。

マカは、全身の細胞に栄養素を届けることで、体全体を若返らせてくれる健康食品です。
焦らず、時間をかけてEDを治していきましょう。
マカは栄養素たっぷりの食品です。即効性はありませんが、精力アップにつながります。